インスタグラム

職場・先輩紹介

採用案内

職場・先輩紹介

安全という
お客様からの信頼を守るため、
責任は重大です

髙橋 好未

衛生管理室 / 2013年入社

六花亭との出会いや入社を決めた理由

学生時代は理系の研究を行っていたため、食品会社の品質管理系で仕事を探していました。大抵まずは製造部門として入社し、その後に品質管理へ異動できるかもしれないという会社が多かったです。しかしその中で六花亭は、面接を受けた際に最初から品質管理の仕事をやらせて頂けると伺ったため入社を決めました。

現在の仕事内容

衛生管理室としては基本的に『①製品検査業務』『②現場の衛生管理、衛生指導』『③従業員の衛生意識向上』を行っています。②について、今より効果的に問題がある製品の出荷を防ぐことを目指し、HACCP(ハサップ)の導入について取り組んでいます。汚染が起きない製造環境の確立を第一に現場と協力し合い、できることは何でもやります!

仕事のやりがい

お客様の口に入るものを製造販売しているため、安全な物であることは絶対条件です。六花亭では製品を自社検査しているため、問題があった場合はすぐに出荷を停止することが出来ます。また、問題がある製造工程を詳しく検査することで、原因を追究して対策を立てることができます。『安全』というお客様からの信頼を守るために責任は重大ですが、その分やりがいを感じます。

仕事で印象に残っているエピソード

衛生管理室の中では洋生菓子担当、和生菓子担当と主に担当する職場があるのですが、2年目でチョコレート系のお菓子の衛生管理を担当させてもらえることになりました。初めて任せてもらい不安もありましたが、嬉しさが大きかったです。最初は使用する機械のこともよくわかっていませんでしたが、現場へ行って実際に機械を見て教えてもらうことでより理解することができました。

遊びで印象に残っていること

社内旅行制度を利用して行かせて頂いた海外旅行です。イタリアでは生で見たダビデ像に感動しました。フィンランドでは肉眼でオーロラをみることができ、ポルトガルではユーラシア大陸の最西端へ行ってきました!繁忙期以外は希望した時期に休日を取らせてもらえるため、長期休暇が必要な海外旅行に行きやすいです。

六花亭の強み

お菓子も仕事も『何でもある』ことだと思います。道外の人だとマルセイバターサンドやホワイトチョコレートのイメージが強いと思いますが、和生洋生菓子、焼き菓子も充実しています。ピザや定食などの喫茶やドレッシングもあります。また、外部への委託が少なく社内で何でもやる姿勢が強いです。日々の検査業務も他社への委託ではなく私たちが社内で行っていることで、問題があった際に素早い解決と対策を取ることができます。

休日の過ごし方

ライブに行くことが好きなので、好きなバンドのライブがあれば休日をもらって見に行きます。他には札幌で友人と遊んだり、実家が道外なのでまとまった休みがもらえると実家に帰省したりします。また、休日に限らないのですが女子寮で時間が合えば先輩同期後輩たちと一緒にたこ焼きや焼肉などをみんなで作ったりしてします。

入社前と入社後、六花亭の印象が変わったこと

道外出身のため、あまり六花亭のことを知りませんでした。入社してからマルセイバターサンドの他にも美味しいお菓子が沢山あることを知りました。そして、徹底して添加物を使わないようにしていることに驚きました。衛生管理室では日持ち検査も行っています。添加物を使用していないため、短い日持ちしか出せず悔しい思いをすることもあるのですが、その分安心安全なお菓子だと言えます。

あなたにとって「六花亭」とは

常に新しい会社だと思います。数日休んだだけで、新しい取り組みが自職場だけでなくそこかしこで起きています。情報についていくために社内新聞『六輪』を読みますが、色々なところに会社を良くしようという新しい試みが見受けられます。たとえ一年目であっても、提案したことが即採用されることは珍しい事ではありません。

就職活動中の学生に伝えたいこと

以前、衛生管理室は検査室と言う職場名だったので、入社する前は検査をするだけの職場だと思っていました。しかし、実際はもっとできることの幅が広い職場で毎日充実した日々を送れています。私はたまたまプラスへイメージが変わりましたが、入社後に業務内容とのギャップで悩む人もいると思います。部署名にとらわれず気になる業務があれば、会社説明会などの機会にどんどん質問しましょう。