インスタグラム
公式六花亭オンラインショップTwitter

旭川〜富良野〜十勝を結ぶ北海道ガーデン街道南端のこの地に花柄包装紙に描かれた草花でいっぱいの森をつくりたい。
六花の森はそんな願いを込めて100,000平方メートルの広大な大地に誕生しました。
エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイー
十勝六花をはじめ四季折々の山野草が咲く園内にクロアチアの古民家を移築したギャラリーが点在します。

2020年、六花の森は公益社団法人企業メセナ協議会による
顕彰事業のひとつ「This is MECENAT」に認定されました。

花カレンダー(開花状況)

エゾアジサイ

北海道や本州日本海側の山地に自生します。鮮やかなブルーが涼しげな装飾花です。
見頃のピークが過ぎました。

オカトラノオ

細長い地下茎を伸ばして群生する多年草です。
ただいま見頃です。

キキョウ

300年以上前から馴染み深い園芸品種として知られながら現在では絶滅危惧種のひとつになっている多年草です。
ただいま見頃です。

タチギボウシ

1mほどまで伸びる多年草。すじが入った紫色の花が特徴です。
見頃のピークが過ぎました。

ツリガネニンジン

名の通り釣り鐘のように下向きに咲きます。茎を折ると白い乳液が出るのが特徴です。
ただいま見頃です。

ノリウツギ

アジサイのひとつ。開花がアジサイよりも遅く円錐形の花房が特徴です。
ただいま見頃です。

ハマナシ

十勝六花のひとつ。花柄包装紙の中心に座し六花の森を象徴する花です。
見頃のピークが過ぎました。

ヤブカンゾウ

明るいオレンジの花が夏らしい山野草。国内に広く自生しています。
ただいま見頃です。

ヨツバヒヨドリ

1〜2mまで育つ茎に淡紅紫色や白色の頭花を密につけるキク科の山野草です。
見頃のピークが過ぎました。

2022年度 各館のご案内

坂本直行記念館

十勝六花をはじめ坂本直行が描いた北海道の山野草、山々をご覧いただけます。

直行山岳館

山岳画家と呼ばれた直行の油彩、水彩をお楽しみください。

直行デッサン館

開拓生活、山登り。いつもかたわらにあったスケッチブックをそのまま展示しています。

花柄包装紙館

六花亭の代名詞といえる花柄包装紙。坂本直行自らコラージュした原画7点が並びます。

サイロ歴史館

子どもの誌心を育み60年。創刊からの歴史を振り返る企画展です。サイロ表紙絵館とあわせてご覧ください。

サイロ表紙絵館

創刊から60余年。坂本直行のバトンを受け継いだ真野正美(中札内村在住)の世界が広がります。

直行絶筆館

直行が最期に描いた風景。未完となった『原野の柏林と日高山脈』を公開。

柏林

お休み処として開放しています。散策の小休止にご利用ください。

六’café(ロッカフェ)

お菓子、オリジナルグッズを販売するショップとカフェを併設。

彫刻「考える人(ロダンから)」

彫刻家・板東優による作品です。

彫刻家・青木三四郎作品

森の中や川べりに青木三四郎が制作した野生動物たちが隠れています。ぜひ探してみてください。

六花の森

住所/河西郡中札内村常盤西3線 249-6
電話/0155-63-1000
開館期間/2022年4月29日〜10月10日
開館時間/10:00~16:00 ショップ 10:30~16:00
カフェ 11:00~16:00(ランチメニューLO15:00、デザートメニューLO15:30)
駐車台数/80台

入館料/
単独チケット 大人1,000円、小・中学生500円
団体(20名様以上) 大人800円、小・中学生300円
年間パスポート 大人1,500円、小・中学生1,000円

※単独チケットは、以下を掲示または該当する方は200円引(引率の方も1名200円引)です。
【身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳】

※JAFの会員証掲示で1~6名様まで団体料金扱いとなります。