インスタグラム

〈 ただいま冬期休館中です。2020年4月24日(金)の開館を予定しております。〉
北海道十勝地方のおよそ145,000平方メートルの広大な敷地内に美術館やレストランが点在する中札内美術村。
柏林に囲まれたまくら木の遊歩道を散策、美術館めぐり、食事をお楽しみいただけます。
2017年春にオープンした季節の彩りが美しい「美術村庭園」。
春の新緑、秋の紅葉。山もみじのトンネルを抜けた先には真野正美作品館がお迎えします。

相原求一朗美術館

北海道の自然を描き続けた画家・相原求一朗(1918-99)の作品を毎年テーマを変えて展示しています。

小泉淳作美術館

日本画家・小泉淳作(1924-2012)が中札内村の廃校で制作にあたった天井画や襖絵の下図をご覧いただけます。
小泉淳作HPはこちらから

真野正美作品館

十勝在住の画家・真野正美が独自の技法で描いた心の風景を展示。暮らしの断片を切り取った作品からは、子ども達の歓声が聞こえ懐かしい故郷の匂いがします。

安西水丸作品館

中札内美術村企画公募展『着てみたい北のTシャツデザイン展』の審査員を務めたイラストレーター・安西水丸の作品を展示。
※公募展は2014年で終了しました。

百瀬智宏美術館

洋画家・百瀬智宏が描いた十勝、中札内村の風景画を集めました。2020年、六花の森から作品館を移転。『百瀬智宏美術館』として開館しました。

小川游作品館

西洋絵画の伝統を踏襲する『一水会』の元代表・小川游の作品を企画展示しています。

北の大地美術館

自画像公募展「二十歳の輪郭(りんかく)」の応募作品を展示しています。己の内面を見つめ描いた力作が壁一面に並びます。

レストラン ポロシリ/花六花(売店)

レストラン、カフェ、ショップを併設しています。

中札内美術村

住所/北海道河西郡中札内村栄東5線
電話/0155-68-3003
営業期間/2020年4月24日〜10月25日(毎週水曜定休)
※水曜日が祝日の場合は営業いたします。
※7〜8月は無休です。
営業時間/10:00~16:00
※ランチタイム 11:00〜15:00

入館料/任意によるご寄附をお願いしております